失敗しない太陽光発電

太陽光発電を知ることで失敗しない
Home » 太陽光発電でエコしよう » 安心・おすすめの太陽光発電は 雨漏れがしない取り付け方です

安心・おすすめの太陽光発電は 雨漏れがしない取り付け方です

太陽光発電設備を取り付ける場合、雨漏れがしない事が重要でしょう。
取り付けた当初は良くても、雨漏れがしては家へ住んでいられません。
この原因ですが、設置方法に問題があります。
太陽光パネルを雨風や雪害から守る為に、屋根へ金具を使って固定しなければならないので、屋根へ穴を開けるんです。
すると、年月が経つうちに老朽化して、その部分から雨漏れを起こす可能性が、高くなります。
アフターケアがしっかりしてれば良いんですが、そこまで心配してくれる業者の数は少ないです。
ですから、取り付ける屋根によっては、はじめから心配される築年数の家があったりしますから、しっかりした屋根診断をしなければなりません。
屋根診断をする事で、屋根材に合った取り付け工法が判り、傾斜角度によっても工法を選べます。
また、太陽光発電システムを取り付けるには、さまざまな機械や工事が必要です。
工事を完成させる間には、問題点が出て来る場合もあります。
こう云う時に追加料金が必要になれば、見積り額と違うというトラブルも起こるんです。
だから、はじめにキチンと屋根の診断をしてれば、追加料金がかかるというトラブルも避けられるでしょう。
正確な見積もりが出来て、その後の雨漏れをさせない業者選びが、安心・おすすめの太陽光発電設置工事となります。
尚、屋根診断をした場合、老朽化が進み過ぎてる屋根ならば、設置を断られる事もあります。
この場合、設置しない方が安全となるので、無理に取り付けない判断も必要です。
補助金制度の事や、設置条件は各自治体で調べられますが、安全性については、見積もりをしてくれる業者でしか判りません。
その為、屋根診断をしてくれる責任ある業者を選ぶ事が、後々の問題を防ぐポイントになります。
ですから、見積り額を業者選びの、第一条件にしてはいけません。
雨漏れがし始めると、太陽光発電設置の見積もり金額差以上のお金もかかるし、不便な思いもしなければならないんです。