失敗しない太陽光発電

太陽光発電を知ることで失敗しない
Home » 宮崎の発電事情 » 宮崎市での太陽光発電の導入状況

宮崎市での太陽光発電の導入状況

近年、日本国内では、原子力発電所の稼働停止や抑制により、電力不足が問題となっており、国民の間でも節電が要請されています。
そこで、住民が自ら電力を発生させて、節電にこたえようと、太陽光発電の導入が各自治体で進められています。
そして、宮崎市でも、住宅用太陽光発電システムの導入に対して補助金制度が設けられているのです。
太陽光発電は、建物の屋上や敷地内に設置された太陽光発電モジュールに太陽の光を当てることで、太陽の熱エネルギーを電力に変換します。
この発電方法では二酸化炭素を発生しないので、地球温暖化の防止に役立つといわれています。
そこで、各住宅に太陽光発電が導入すれば、電力不足も解消されるのですが、そのモジュールの設置には費用がかかるのです。
そこで、費用負担を軽減して、モジュールの普及に努めようと補助金制度が設けられました。
宮崎市は日照時間が長く、一年を通しての快晴日数も多いため、太陽光発電に適した気象条件を備えているといえます。
そこで、宮崎市の住民間での太陽光発電に対する関心は高く、平成24年度の補助金申請はとても多く予算枠をオーバーしてしまい締め切られました。
また、宮崎市では、住宅用太陽光発電システムの導入だけでなく、事業用太陽光発電システムも普及しつつあります。
日中に発生した電力は、夜間に使用することもできるため、工場などではその電力を使用でき、電気代のコスト削減にもなります。
また、発生した電力は、電力会社に売却できるため、設置コストの回収にもつながるという利点があるのです。