失敗しない太陽光発電

太陽光発電を知ることで失敗しない
Home » Page 4

日射量豊富な宮崎で太陽光発電を取り付ける

宮崎市は大変晴天に恵まれた土地です。
このような土地には太陽光発電が最適と言えます。
なぜなら日光を発電のエネルギーとするこの発電方法は晴天時に最も発電量が増えるからです。
曇りの日には発電量が70%程度に減り、雨の日夜間など日光がないときには発電しないのです。
ですから晴天に恵まれる宮崎市のような環境は太陽光パネルを取り付けるのに最適な土地柄といえます。
また気候だけでなくそれぞれの家の屋根の状態、方角、影がかかるかどうかなども発電量を大きく左右します。
例えば、家の屋根ですが大きい面積の屋根の方が発電するためのモジュールをたくさん積むことができますので向いていると言えます。
変形の屋根などだと、隙間なくパネルを並べることが難しく、有効に発電量を得るにはモジュールの形や大きさが豊富なメーカーを選ばなくてはいけないようです。
また平屋根の場合、架台を取り付けて太陽光パネルに傾斜をつけなくてはいけません。
太陽光パネルは30度程度の傾斜がある方が発電効率が上がるのです。
屋根の向きで最も発電量が増えるのは南向きです。
南に向いている屋根は余すところなく日光を受けられるので発電量に恵まれます。
また西向き、東向きはそれぞれ80%程度までに落ち込んでしまいますが十分太陽光発電を取り付けるのに向いていると言えます。
このように自宅の屋根の状態を取り付け工務店は見積もりを出すときに一緒に調べてくれるので、自宅の設計図、間取りなどをあらかじめ用意しておくとスムーズに調査ができます。