失敗しない太陽光発電

太陽光発電を知ることで失敗しない
Home » Page 9

太陽光発電があれば送電がストップしても電気が使えます!

みなさんの中には太陽光発電の導入に今一歩踏みきれずにいる方が多いと聞きましたので、参考までに我が家における太陽光発電導入後の電気料金の推移を紹介します。
導入以前の電気代は月平均10,000円、ガス代金が13,000円が平均でした。
太陽光発電のメリットを最大限に活かす為にオール電化にすることが必須です。
そうするとまずガス代が無くなります。
深夜電力型の電灯契約に切り替える事でもコストを下げました。
導入した太陽光の発電容量が3.04kwなので、売電料金が3,000円程度になります。
売電料金の3,000円というのは太陽光で発電した電力で使い切れなかった余剰の電力の事を指します。
我が家では日中家に誰も居ないので、電気は貯まる一方なのです。
通常の電気代が給湯器システムが電気になった分、多少上がりましたが売電料金で相殺するとちょうど以前と同じ電気料金になります。
アレ?なんだ前と同じなのと疑問を持たれた方がいるかもしれませんね_。
実はまるまるガス料金が無くなっているので、13,000円程の光熱費が削減できているのです。
太陽光発電のローンは月々15,000円ですので、完全な経費の相殺までには至っていませんが、それでも直火を使用しないキッチンでは小さい子供がいることもありとても安心感があります。
何よりもクリーンなエネルギーを利用している心地よさがあるので滿足しているのです。
それと万が一送電線からの電力の供給がストップした場合でも、
太陽が出ていれば電気を蓄えられますから心強いものがありますね!