失敗しない太陽光発電

太陽光発電を知ることで失敗しない
Home » 新宿区の太陽光発電

新宿区の太陽光発電

最近では、多くの人が太陽光発電システムの導入を検討しています。
しかし、やはり太陽光発電システムの導入には、多額のお金がかかってしまいます。
最近では、太陽光発電システムの価格も安くなっているとはいえ、野菜を買うほど安くすむわけではありません。
そこで、全国の自治体では、各種補助金を導入して、太陽光発電システムの導入を促進しています。
東京都新宿区でも、太陽光発電システム導入に際しては、補助金制度があります。
その補助金制度は「新宿区新エネルギー及び省エネルギー機器等導入補助金制度」といいます。
「新宿区新エネルギー及び省エネルギー機器等導入補助金制度」は、個人住宅用と事業用があります。
個人住宅用の新宿区新エネルギー及び省エネルギー機器等導入補助金制度は、以下のような条件があります。
まず、対象となる人は、新宿区内に住んでいる人、もしくは住む予定の人です。
そして、住む住宅に対象となる機器を使用する目的で設置する方です。
最近では、企業が個人住宅の屋根を借りて、太陽光発電システムを導入するということもあります。
この場合、自分で使用する目的ではないので、対象外ということになります。
また、補助を受けられるのは、1回限りとなります。
では、個人住宅用の「新宿区新エネルギー及び省エネルギー機器等導入補助金制度」の対象となるのは、どのような機器でしょうか。
まずは、太陽光発電システムです。
1キロワットあたり100000円で、上限は300000円となっております。
これは、国の平均や、他の自治体と比べても、かなり高額となっております。
太陽熱給湯システムに関しては、本体価格の20パーセント、上限額は300000円です。
太陽熱温水器に関しては、本体価格の20パーセント、上限額は100000円です。
いわゆる「エコキュート」に関しては、定額制となっており、一律100000円です。
いわゆる「エコジョーズ」に関しても、定額制で、一律25000円です。
いわゆる「エネファーム」も定額制で、一律100000円です。
この他にも、高反射率塗装や雨水利用設備に関しても、補助金が出ます。